文字サイズ

【チャンピオンズC】ルメール騎乗予定の昨年覇者ゴールドドリームが回避

アーモンドアイでJCを制覇してガッツポーズを見せるルメール(25日撮影)
1枚拡大

 「チャンピオンズC・G1」(12月2日、中京)

 G1・4勝馬で昨年の覇者ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が28日、回避することが決まった。鞍上には先週のジャパンCで自身のJRA・年間G1勝利数を8勝に伸ばしたクリストフ・ルメール騎手を予定していた。

 27日の火曜に栗東坂路で2本の調教を行ったあと、歩様に違和感が感じられたという。平田師は「1日経過を見て良化していますが、完調には至らず、これだけの馬なので出走を見合わせることにしました」と説明。昨年はフェブラリーSとチャンピオンズCを制し、17年度のJRA賞最優秀ダートホースを受賞。今年はかしわ記念、帝王賞を制覇し、チャンピオンズC連覇を狙っていたが、無念の出走回避となった。

 この後は滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧へ。「問題がなければ、東京大賞典(12月29日・大井)を視野に入れて調整していく予定です」と暮れの大一番を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス