文字サイズ

【日本ダービー】ブラストワンピースは上昇ムード 鞍上池添も手応え

 きっちり先着を決めたブラストワンピース(左)
1枚拡大

 「日本ダービー・G1」(27日、東京)

 無傷3連勝中のブラストワンピースが16日、池添を背に美浦Wで切れのある動きを披露した。向正面でカルヴァリオ(5歳1600万下)を2馬身ほど追走。4角でぴったり内へ入ると、直線半ばから加速し、ゴールで1馬身先着した。

 タイムは6F80秒0-36秒1-12秒0。馬体は腰周りが厚くなり、体幹を隠すほどに幅が出た。大竹師は「見た目以上に時計が出たね。このクラスになると違うのかな」と満足そう。池添も手応えを感じているようだ。「1週前だからしっかりやりました。時計も出ているし、しまいの動きも良かった。毎日杯以来だけど、背中の感触もいい。背腰がしっかりしてきている」と目を細めた。

 帰厩時の馬体重は前走比から大幅に増えているようだが「今は少し余裕があるけど、動きに重い感じはしない。来週には体重も前走くらいになるでしょう」とジョッキー。直前も自らまたがり、勝負の仕上げへと導く構えだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス