文字サイズ

横山義行元騎手の次男・琉人君がJRA競馬学校入学「中山大障害勝ちたい」

 JRA競馬学校・騎手課程第37期生の入学式が3日、千葉県白井市の同校で行われ、兵庫の永島太郎騎手(44)の次女で、唯一の女子入学者となった永島まなみさん(15)、JRAの横山義行元騎手の次男・横山琉人君(15)、西谷誠騎手の長男・西谷凜君(15)ら7名が晴れの日を迎えた。

 横山琉人君(15)は、父である義行元騎手の姿を見て騎手を志した。「ダービーを勝ちたいですが、それ以上に勝ちたいのは中山大障害」と、父が98年ビクトリーアップ、07年にメルシーエイタイムで制した障害最高峰レースを挙げる。息子の意気込みを聞いた義行さんは「これからの3年間は大変だろうが、頑張って無事に卒業してほしい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス