文字サイズ

三浦皇成は重傷…長期離脱へ 落馬で骨盤など骨折

 14日の札幌7Rで落馬負傷した三浦皇成騎手(26)=美浦・鹿戸=の詳細な診断結果が25日、明らかになった。9本の肋骨、骨盤などの骨折のほか、左血気胸、左副腎損傷などの重傷で長期の離脱は避けられない状況。18日に骨盤骨折の手術が行われ、24日には集中治療室(ICU)から一般病棟へ移り、リハビリを開始したという。

 三浦はJRAを通じて「ご心配をお掛けして申し訳ありません。復帰に向けて治療、リハビリに専念してまいりますので、引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス