文字サイズ

無免許事故の木下都議「二度と運転しません」車はすでに処分

 会見で涙ぐむ木下富美子都議
 囲み取材に応じる木下富美子都議
 三宅茂樹議長(右奥)、本橋弘隆副議長(右端)と話をする木下富美子都議
3枚

 7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表せずに再選された木下富美子都議(55)が9日、再選後初めて登庁した。

 木下氏は都議会の委員会に出席に先立ち、議長室に呼び出され経緯を説明した。報道陣は約50人。正副議長との会談の後はぶら下がり取材にも応じ、終始固い表情で言葉に詰まりながら答えた。

 無免許運転については「二度と繰り返すことがないよう再取得はせず運転はしません」と反省。事故の被害者にも「改めておわび申し上げたい」とした。車は既に処分したという。

 ただ、無免許運転をした理由については「捜査中ですので」として答えず。「整理された段階で弁護士と相談しながら説明を行っていきたいと思います」と話すにとどまった。木下氏の事故を巡っては、警視庁が9月に自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反の疑いで書類送検した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス