文字サイズ

宮藤官九郎らがTBSラジオ新番組「旬じゃなくなったからここに来たのかな」

 TBSラジオが19日、4月1日からの新番組「ACTION」(月~金曜、後3・30)の発表記者会見を開いた。月曜日から順に脚本家の宮藤官九郎、尾崎世界観(クリープハイプ)、DJ松永(CreepyNuts)、作家の羽田圭介氏、フリーライターの武田砂鉄氏と日替わりのパーソナリティが担当する。全曜日を通じて幸坂理加がアシスタントを務める。

 3月まではライバル局のニッポン放送で「宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD」を担当していた宮藤は「僕、最終的に大沢悠里さんみたいになりたいなと思っているので、その第一歩かなと。自分で言って自分で一番びっくりしているんですけども」と、長寿番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」を担当したラジオ界の“レジェンド”の名を挙げて意気込みを語った。

 ただ、羽田氏が「ニッポン放送は旬な人を…」と、ライバル局のニッポン放送は瞬間的に話題な人を単発番組でテストする手法をとっていると語ると、レギュラー番組が終わったばかりの宮藤は「旬じゃなくなったからここに来たのかなと」と苦笑いしていた。

 「ACTION」は95年から24年間放送され、3月いっぱいで終了する「荒川強啓デイ・キャッチ!」の後継番組で、TBSラジオにとっては大型改編となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス