文字サイズ

5連敗の広島 佐々岡監督「こういうチーム力だからこそ集中力を」4位転落

 8回表終了時、選手交代を告げた佐々岡監督(撮影・佐々木彰尚)
 3回、菊池涼の右越え打で一走・森下が本塁を狙うもタッチアウト(撮影・佐々木彰尚)
 3回、桑原に左翼線2点適時二塁打を浴びた森下(撮影・佐々木彰尚)
3枚

 「DeNA5-2広島」(2日、横浜スタジアム)

 広島は初回に菊池涼の2試合連続本塁打となる5号ソロで先制。しかし、二回に2死一塁から今永の飛球を左翼・中村健が目測を誤る拙守で同点に追いつかれる。

 三回には森下が安打で出塁。2死一塁から菊池涼の右中間二塁打で本塁を狙うが憤死。その裏の投球で2死から5連打を浴び勝ち越しを許した。

 結局、反撃も及ばず5連敗で4位転落となった。

 広島・佐々岡真司監督は森下について「2アウトから点を取られて、そこを最少失点で(いけなかった)…というところでしたね」と振り返った。

 森下はピンチでギアが上がる本来の姿がみられなかった。

 「得点圏でギアが上がるというのはあるんだろうけど、連打連打で点を取られるようであれば得点圏までにギアを上げないとね。そういう投球が続いている感じがするし、走者を出してからではなく走者を出さないという投球をしていかないと、結局2アウトからの連打連打で3点入ったわけですから」

 厳しい言葉を並べた。直前の一塁から本塁への激走の影響を問われると「これは野球だからね。影響とか言ってはダメだと思う。当然9番目の打者としてセ・リーグはあるのだから、それを言ってもダメだと思う」と言い訳にはしなかった。

 二回の中村健の拙守、3点を追う六回には2死から一塁走者の小園がけん制死というミスもあった。

 「負けるときはこういうように目立つだろうし。こういうときこそね。けん制のところは、何もサインが出てないわけだから。集中力というところをしっかりと、こういうチーム力だからこそやらないといけない。投手も野手も含めて…というところ」

 後半戦初勝利を目指し、3日は床田が先発する。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス