文字サイズ

森麻季アナ 息子の卒乳で「涙涙」 風呂は「上だけ水着で」おっぱいバイバイ

 元日本テレビでフリーの森麻季アナウンサーが27日、ブログを更新。昨年5月に出産した第1子長男が1歳半を迎えたことから「卒乳」を実行したことを明かした。

 森は2011年に巨人・沢村拓一投手と結婚も13年に離婚。17年2月に会社経営の40代男性と再婚し、昨年5月14日のブログで男児誕生を発表していた。

 卒乳を決意し、手作りカレンダーにお猿さんの絵を描き、「今日は11月◯日、◯日に◯くんは1歳半になるよ。お猿さんの日になったらおっぱいバイバイね」と言い聞かせることを繰り返してきたという。

 卒乳の日まで、「寝顔を見ながら幾度も涙」し、授乳室にママを誘導する息子の姿に「涙涙」と「泣き虫ママ」の日々。「産まれてからずっとこれで繋がってきたんだな」とおっぱいと我が子の繋がりを思い出しながら、涙したことも振り返った。

 息子は「おっぱいバイバイ」(=卒乳)が理解できず、当初は「ジタバタ」し、何度も「あげちゃおうかな」と決意が揺らいだというが、「子も母も大人になろう、頑張ろう」と授乳をガマン。おっぱいを見せないよう、「しばらくはお風呂も上だけ水着を着て入っていました」と明かした。

 息子の姿に何度も涙しながらも、無事に卒乳ができ、夫からは「今まで頑張ったね」と花束を贈られたことも写真とともに伝えている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス