文字サイズ

【野球】広島カープ実話 ウソのようなホントの話 選手がホストクラブで接客修行 なぜ?

 その昔、広島カープで、こんなことがあった。コーチが選手をホストクラブへ連れて行って、女性客を相手に接客業をやらせたという。いったいなぜ?当事者の川端順さん(元広島投手)が当時を懐かしそうに振り返った。

 今を遡ること30数年。昭和も終わりに近づいたころの話。カープが東京に遠征したときのことだ。試合後、あるコーチが数人の選手に声をかけた。

 「さあ、これから飲みに行くぞ。お前たち、ついてこい!」

 指名を受けたのは川端さんと川口和久さん、津田恒美さん、清川栄治さんの4人。全員、投手。そして訪れたのは新宿の有名ホストクラブだった。

 ナイトクラブなら分かるが、ホストクラブで何をしろというんじゃ?

 首をかしげる4選手にコーチが命じた。

 「今から女性のお相手をするんじゃ」

 このとき、「いっさい素性を明かしてはならない」と口止めされた。つまりプロ野球選手であることを告げずに、トークでお客さんを楽しませろという。

 いつもとは真逆の立場で会話をリードするのだから、これは大変だ。

 事前にコーチがクラブの社長に「選手の1日ホスト」を依頼し、了解を得ていた。

 その日は遅い時間帯だったため、来店するお客さんはクラブのママたちがほとんど。すでに根回しはされていたが、詳しい事情を知らない選手は必死だった。

 お客さんが入って来ると、次々に隣に座って「世間話」をし、何とか場を盛り上げようとしたが、なかなかうまくいかない。

 男前の川口さんも清川さんも口をモゴモゴさせ、津田さんはニコニコしているだけ。コーチはその様子を近くのテーブルから眺めていた。

 結局、1時間ほど、この“訓練”に耐えた川端さんが、その時の理由をこのように説明した。

 「野球がうまくなるには酒を飲んでコミュニケーションをとるのが一番。ムダ話をすることだと。人が歌っているときは静かに聞くのが礼儀だとも。とにかく、こういうことができるようになると、ピッチングがうまくなると言うんですよ。安仁屋さんは。押すとこは押して引くとこは引く。打者心理を読むということにつながるのかなぁ。独特の発想でしたね。しかし、あの時は緊張しました」

 それにしても、やることが奇想天外。

 広島と言えば流川。流川と言えばお酒。お酒と言えばカープ?

 そう言えば「飲みゅニケーション」は安仁屋宗八さんの“十八番”だったような。

 この修行がピッチングに生かされたのかどうかは分からないが、広島が投酒王国、いや投手王国と言われていたのは確か。

 ともあれ、「1日ホスト」で川端さんが痛切に感じたのは「トークで人を喜ばせるのは俺にはムリ。ホストの人は凄い」だった。

(デイリースポーツ・宮田匡二)

※次回は「門限破りの朝帰りに意外な顛末」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス