文字サイズ

広島が逆転勝ちで貯金1 クロンが先制&決勝タイムリー 高橋昂は勝敗つかずも好投

 中日打線を相手に力投する先発の高橋昂(撮影・立川洋一郎)
8回、逆転の2点適時二塁打を放つクロン(撮影・立川洋一郎)
ヒーローインタビューを終え、ファンの声援に応えるクロン(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「中日2-4広島」(18日、バンテリンドーム)

 広島は、クロンが3打点を挙げる活躍で勝利し、貯金1とした。

 この日1軍再昇格したばかりのクロンは、二回に右翼フェンス直撃の適時二塁打で先制点を呼び込むと、1点を追う八回は1死満塁から左翼線へ逆転の2点適時二塁打。クロンは3打数2安打3打点の活躍を見せた。

 3年ぶりの1軍登板となった先発・高橋昂は5回1安打無失点。降板後にチームが一度逆転され2018年6月28日・巨人戦以来となる白星はならなかったが奮闘した。

 九回は栗林が三人で締めて6セーブ目。チームもカード勝ち越しを決めた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス