文字サイズ

高橋大が7年目で待望のプロ1号「必死に食らいついて」1番抜てきで大仕事

3回、左越えソロを放ち手荒い祝福を受ける高橋大
3枚

 「DeNA-広島」(28日、横浜スタジアム)

 広島・高橋大樹外野手が1-1の三回にプロ初本塁打となる勝ち越しソロを放った。

 「1番・左翼」で先発し、三回先頭。2ストライクから4球目、今永の148キロ直球を振り抜き、打球は鯉党が埋まる左翼スタンドへ着弾した。

 「追い込まれていたので何とか必死に食らいついていきました。しっかりと自分のスイングで捉えることができました」

 ダイヤモンドを一周しベンチへ戻ると、バティスタやメヒアに何度も頭を叩かれるなどナインに祝福されたプロ7年目。チームに取っても難敵・今永相手に価値ある一発となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス