文字サイズ

またもや借金「1」 床田が今季最多6失点 苦手今永攻略ならずも田中広1号が救い

 「広島2-6DeNA」(10日、マツダスタジアム)

 広島がまたもや借金生活に突入した。

 先発の床田は、初回に宮崎に先制の4号ソロを浴びると、四回には2死満塁から今永に投前適時打と自身の悪送球で2失点。五回には再び先頭の宮崎に一発を浴び、2死一、二塁から大和に左翼線2点適時二塁打を許した。

 床田は今季最短の5回で最多の6失点、2敗目を喫した。

 打線は苦手の今永に四回まで無安打に抑えられた。五回1死から小窪のチーム初安打となる右前打に続き、不振の田中広が右翼席に今季1号2ランを放ち、今永から21イニング目で今季初得点を奪った。敗戦の中で20打席ぶりの安打が今季初本塁打の田中広が光った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス