文字サイズ

安部、三塁争い巻き返す!離脱中にアピールの堂林&メヒアに「負ける気ない」

 サードの守備練習で汗を流す安部(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 広島・安部友裕内野手(29)が1日、開幕三塁争い巻き返しへ猛アピールする決意を示した。2日の西武とのオープン戦(佐賀)で、自身今年初の対外試合に臨む。

 沖縄キャンプ中の2月18日にインフルエンザで離脱し、同23日に復帰。2日は先発出場の見込みで「競争なのでとにかく結果を出していけるように準備します」と力を込めた。

 出遅れを必死の思いで取り戻す覚悟だ。自身の離脱中は堂林とメヒアが三塁で先発し、それぞれ存在感を示していた。「メヒアも堂林も打って結果を出していますし、もちろん負ける気はないと思ってやっています」。定位置奪取へ、走攻守で光を示さなければいけない思いがある。

 この日マツダスタジアムで行われた全体練習では居残りで守備練習を黙々と続けるなど、高い意識で汗を流した。インフルエンザによる体重減もあったが「体のキレは全然問題ない」という。「レギュラーを取って全試合出たい目標を持ってやってます」と自らに言い聞かせるように、改めて抱負を語った。

 昨年はシーズン序盤の不振や夏場の故障もあり、悔いの残る1年だった。「同じ過ちを繰り返さない。どういう状況であれ、それが僕の1年だったので。その経験を無駄にしない」。その目は、前だけを見つめていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス