文字サイズ

緒方監督の夫人・かな子さんが「不倫妻詐欺」振り返る

 25年ぶりのリーグ優勝を果たしたプロ野球広島・緒方孝市監督の夫人で元タレント・中條かな子の緒方かな子さん(43)が9日、TBS「爆報!THEフライデー」(金曜、後7時)に出演。かつて自身が「不倫妻」とうわさされ、そこから詐欺事件に巻き込まれたことを振り返った。

 かな子さんは緒方監督が現役時代の1996年のオフに結婚。その後の芸能活動は週に1回、広島のローカル局番組に出演する程度にしていたが、地元ラジオ局のスタッフから自宅へ電話が入り、「緒方かな子は不倫ばかりしている」という手紙が届いたことを伝えられた。さらに所属事務所にも、「かな子が会いたいと言っているから来た」という男性や、未公表の長女の名前を知る男性、大金をだまし取られたと訴える男性複数が訪ねてくるようになり、「緒方かな子は不倫妻」といううわさとともに「不倫妻詐欺」のレッテルが貼られるようになったという。

 かな子さんは当時、チームの中心選手だった緒方監督や球団だけには迷惑をかけたくないと感じた。しかし、緒方監督が帰宅すると、「球団事務所で脅迫文を渡された」と告げられた。そこで騒動の原因を探ったところ出会い系サイトに突き当たった。「だれかが私の名を語って登録していたみたい」というサイト上には子供の名前、偽の全裸写真が掲載され、以前に地方新聞に載った家族写真が使われていたという。

 当時のことをかな子さんは「ひたすら怖かった」と思い出すが、泣き寝入りはしなかった。状況を一発逆転しようと「新聞社の方に『だまされてます』と書いてもらった」と、「不倫妻疑惑」の言葉が使われることを恐れず、自分から報道機関を通して事実を世間に広め、その後に事態の収束を迎えたという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス