文字サイズ

鳴門、徳島商破り夏3連覇 九回に3点差をひっくり返す大逆転劇

 「高校野球徳島大会・決勝、鳴門7-6徳島商」(5日、オロナミンC球場)

 強豪・鳴門が最終回に3点差をひっくり返す大逆転で、3年連続で夏の優勝を飾った。

 3点差の九回、安打と四球で1死一、二塁のチャンスを作ると、主将の田口史樹内野手(3年)が右前へしぶとく運び、二塁走者が生還。田口は一塁塁上で雄叫びを上げ、感情を爆発させた。この一打で流れを一気につかみ、岸本拓也内野手(2年)の適時二塁打で同点に追いつくと、相手の送球エラーで勝ち越し点を手にした。

 2戦連続で完封勝利を果たしていたエースの藤中壮太投手(3年)が、六回に捕まった。3点をリードしながらも、連打などで一挙5点を失った。逆転を許しても、田口主将は「笑顔で、全員で乗り切ろう!」と、チームを鼓舞し続けた。

 優勝の先に甲子園はないが、試合前、森脇稔監督は「記録には残らんけど、記憶には残る。甲子園がなくても意義はある」と、部員たちに語りかけた。記憶に残る好ゲームを制してたどり着いた徳島の頂点。鳴門の選手たちの多くは試合後、涙を浮かべて喜びをかみしめた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス