文字サイズ

プエルトリコ監督 侍・高橋礼に脱帽「打てない」「あのような投手を見たことがない」

力投する先発投手のソフトバンク・高橋礼=台湾・桃園国際野球場(撮影・中田匡峻)
2枚

 「プレミア12・1次ラウンド、日本4-0プエルトリコ」(6日、桃園国際野球場)

 侍ジャパンが2連勝。4安打完封負けのプエルトリコは2連敗となった。

 プエルトリコはわずか4安打で三塁を踏めず。サブマリン高橋礼には6回1安打無失点1四球の好投を許した。六回2死まで完全投球をされ、四球と安打で得点圏に走者を進めたのが唯一の好機だった。18アウトのうち、14個が内野ゴロ。完璧に翻弄(ほんろう)されてしまった。

 現役時代はメジャーリーグで通算434本塁打、2度の本塁打王に輝いたことがあるフアン・ゴンザレス監督は「高橋は本当に素晴らしい。チェンジアップが効いていて、ストライクゾーンの左右に投げ分けていた。打てない投手だと思います」と脱帽。変則の下手投げを相手にする経験も少なく、「高橋のようなアンダースローはほとんど見た事がない。国際大会では見た事があるが、国内であのような投手を見た事がない」と、首を横に振った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス