文字サイズ

プロ注目の近江・林 救援登板で驚異の7奪三振

六回に2番手で登板した林投手=滋賀県立彦根球場(撮影・永井優花)
1枚拡大

 「春季高校野球・滋賀大会2回戦、近江9ー2彦根工」(20日、彦根球場)

 今秋ドラフト候補の林優樹投手(3年)が六回1死二、三塁のピンチに2番手で登板。2回2/3を投げ、驚異の7奪三振と好投した。

 左前打を一本許し逆転されたが、最少失点でピンチを切り抜けた。近江は、七回裏に打者一巡の猛反撃で7点を奪い、8-2と再逆転。八回に1点を加え、コールド勝ちを決めた。

 試合後、林は興奮した様子で「調子はいいです。監督にピンチの場面で出すと言われていたので、肩は作っていました」と笑顔。「夏の本番に100の力が出せるよう、準備していきます」と、力強く語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス