文字サイズ

清宮が骨折した右手有鈎骨 野球選手に多い症例 過去には原監督や中田らも

タクシーに乗り込む清宮
1枚拡大

 日本ハムは4日、清宮幸太郎内野手が都内の病院で検査を受け、右手有鈎(ゆうこう)骨の骨折と診断されたことを発表した。

 3月3日のDeNA戦で九回にファウルした際、患部に違和感を訴え、途中交代していた。今後の経過、見通しは後日報告するとしている。

 有鈎(ゆうこう)骨はバットのグリップがちょうど当たる部分で、過去、多くのプロ野球選手が負傷している箇所でもある。清宮と同じようにスイングした際や、ファウルチップの衝撃で折れるケースがほとんど。巨人・原辰徳監督が現役時代、広島・津田恒実投手の速球をファウルした際に骨折したのも、左手有鈎(ゆうこう)骨だった。

 日本ハムでは中田翔内野手がルーキー時代に左手有鈎(ゆうこう)骨を骨折。全治1カ月の診断で、手術も受けた。近年ではヤクルト・雄平が全治2~3カ月の診断で手術。中日・高橋も手術を経て、復帰までには3カ月を要した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス