文字サイズ

オリックスが快勝 ドラ1田嶋が7回1失点で6勝目

7回、中越えに適時三塁打を放つオリックス・宗佑磨=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
オリックス・田嶋大樹と勝利のタッチを交わすオリックス・福良淳一監督(中央)=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
 DeNAに快勝し、タッチを交わす武田(中央)らオリックスナイン=京セラドーム
3枚3枚

 「交流戦、オリックス7-1DeNA」(17日、京セラドーム大阪)

 オリックスが投打にDeNAを圧倒し、このカードの勝ち越しを決めた。

 二回1死一、二塁から武田の左翼線二塁打で2点を先制。四回には1死一、三塁から武田の左犠飛で加点した。

 七回は大城の三塁打を皮切りに若月の適時打、宗の適時三塁打、福田の適時三塁打などで4点を追加した。

 投げては、先発のドラフト1位・田嶋が7回2安打1失点と力投を見せ、6勝目を挙げた。

 DeNAの先発・今永は七回途中6失点でKOされ、4敗目を喫した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス