文字サイズ

侍が準決勝進出!初の無傷6連勝 初先発・千賀が熱投、先発野手は全員安打

決勝ラウンドに進出しタッチをかわす日本ナイン=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚

 「WBC・2次リーグE組、日本8-3イスラエル」(15日、東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」が1次リーグから無傷の6連勝で、E組1位での準決勝進出を決めた。予選リーグ全勝での準決勝進出は初。世界一奪還へ弾みをつける勝利となった。

 結果的に大勝となった一戦で、光ったのは投手陣の奮闘だった。今大会初先発の千賀(ソフトバンク)は5回1安打無失点と完璧な内容を見せ、六回の侍打線の集中打を呼び込んだ。

 日本は先発野手が全員安打。蓄積疲労を考慮されて5番・中田(日本ハム)がスタメンから外れたが、投打にかみ合った一丸野球で勝利を導いた。

 0-0で迎えた六回、打者11人の猛攻で一挙に5点を先制した。先頭の筒香(DeNA)がバックスクリーン右へ先制ソロ弾を放つと、松田(ソフトバンク)の左越え適時二塁打、小林(巨人)の適時内野安打、菊池(広島)の右前適時打、青木(アストロズ)の押し出し死球で5点を奪った。

 八回には内川(ソフトバンク)の左線2点二塁打と松田(ソフトバンク)の中前適時打でダメを押した。

 千賀の後を受けた六回から平野(オリックス)、宮西(日本ハム)、秋吉(ヤクルト)が抑え、九回は牧田(西武)が3点を許したが、後続を断った。

 E組は1位・日本(3勝)と、2位のオランダ(2勝1敗)が4強入り。3位のイスラエル(1勝2敗)と4位のキューバ(3敗)は敗退した。

 日本は来週明けに米ロサンゼルスのドジャースタジアムで、14日に2次リーグが始まったF組(ドミニカ共和国、プエルトリコ、米国、ベネズエラ)2位チームとの準決勝に臨む。

 前回の第3回大会で決勝進出を逃した日本は、第1回(2006年)、第2回(09年)両大会に続く3度目の世界一を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス