阪神「アレ」の次は佐藤輝発案「アレンパ」 岡田監督「初めて佐藤すごいと思った」 球団初の連覇誓う

 ファンに日本一の報告をする佐藤輝(8)、岡田監督ら(撮影・立川洋一郎)
 直筆の絵馬を手にする岡田監督
2枚

 阪神の岡田彰布監督(66)は27日、兵庫県尼崎市と同西宮市で佐藤輝明内野手(24)ら兵庫県出身の選手5人と優勝報告会に参加した。指揮官は佐藤輝が発案したという「アレンパ」という“スローガン”に「初めて佐藤すごいと思った」と笑わせながら、球団初となる連覇を改めて誓った。

 来季の目標は明確だ。18年ぶりのリーグ優勝と38年ぶりの日本一を成し遂げた今季。岡田監督は祝福に集まった1000人以上の尼崎市民の前で「アレ」に続くスローガンについて切り出した。

 「なんかニュースで佐藤(輝)がええ言葉言ってたな」

 佐藤輝がすかさず指揮官のフリに応じた。

 「アレンパです!」

 会場が拍手に包まれると虎将は続けた。

 「球団は(スローガンを)変えた方がタイガースショップがもうかるらしいんですけど(笑)。でもね、やっぱり勝つとなかなか変えられない。でも『アレンパ』はちょっと思い浮かばなかったので、初めて佐藤すごいと思った。これはなかなか大したもんだよ」

 期待の裏返しもあって、事あるごとに厳しい言葉を投げかけていた佐藤輝に“超異例”とも言える最大級の賛辞を贈ると、絶妙の“岡田節”に会場は大いに沸き上がった。

 来季のスローガンについては球団を含めて考案中。岡田監督は「(『アレンパ』も)いいんじゃないかなと思ったけどね」としつつ、「『アレ』は絶対ね、継続していかないといけない。だからお前、別にスローガンなんか変える必要ないと思うけど、何か付けるって聞いたけど」と明かし、今季の「アレ」をベースに新たな言葉が付け加えられたものになると予告した。

 シーズン前に必勝祈願を行った広田神社(西宮市)にも優勝と日本一を報告し、「本当に良かったと思います」と充実感を漂わせた。広田神社への必勝祈願は80年以上続いているとされるが「80年で(日本一)2回じゃ少ないかも分からないけど。また続けていかないといけないというかね。もう来シーズンは特に連覇とかね。そういう意味で、来シーズンもまたいい報告ができるように」と決意を新たにした。

 虎党の多くの笑顔に触れ、改めて日本一の喜びに浸った一日だった。来季は球団初の偉業を達成し、必ず「アレンパ」を報告する。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス