文字サイズ

梅ちゃん、極小ミットでバズーカ改良 軽量化で送球動作とタイム短縮へ

 阪神の梅野隆太郎捕手(28)が4日、秋季キャンプで新しいミットを試していることを明かした。これまでのものより一回り小さいサイズをオーダー。極小ミットで軽量化を図り、スピード感を増して梅ちゃんバズーカの改良につなげる。2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した虎の正捕手が、変化を弾みに、さらなる向上を目指す。

 安芸の空と同じ、真っ青に染められたミットだった。梅野が左手にそっとはめる。来季へ向けた変化であり、挑戦。「自分の感覚がよければいいですね」。さらなる守備力向上へ。早くも動いた。

 キャンプインを共に迎えた新しい相棒だった。「大きいのを使うと、(捕球面に)範囲がある。小さいミットだと、捕ってからボールを探すよりもすぐ送球へいけるので」。送球動作とタイムのさらなる短縮へ、2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した相棒から、さらに一回り小さいサイズのミットを要望したという。

 原点は変わらない。プロ1年目から教わってきた正捕手への道。「自分の思うポイントで捕らないと、素早くスローイングに移れないよ」-。口酸っぱく言われてきた教えは、たとえミットが変わっても常に胸にある。だからこそ梅野は「大きいから捕れるわけではなく、(ミットが変わっても)同じところで捕ることを意識している」と改めて強いこだわりを説明した。

 扇の要として、これまでもチームを引っ張ってきた。「続けて取ることに意味がある」と求め続けていた2年連続のゴールデングラブ賞を獲得。今季は129試合に出場し、盗塁阻止率はリーグ2位の・370。ミットに変化をもたらすのは、梅野の挑戦だった。SSK社の才田亮氏は言う。「小さいことで操作性も上がるし、二塁送球のタイムがよくなったりする」。狙いは梅ちゃんバズーカ改良だ。

 今キャンプでは連日、投手陣のボールを受けにブルペンへ向かう。「(ミットを)これ以上小さくすることはないですね。リーグ優勝、日本一。チーム成績が付いてきてのゴールデングラブ賞は、ひと味違うと思う」。7年目を迎える来季。15年ぶりのリーグ優勝を飾り、リーグトップの盗塁阻止率を誇る正妻となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス