文字サイズ

ジョンソン 「PJ」と呼んで 奪三振量産任せろ!

 阪神に新加入したピアース・ジョンソン投手(27)=前ジャイアンツ=が28日、兵庫・西宮市内の球団事務所で入団会見を開いた。矢野監督が守護神候補の一人に挙げている助っ人は“三振を取るタイプの投手か?”の問いに、「イエス!」と力強く即答。「“PJ”と呼んでくれ」とアピールした右腕は、リリーフ陣の一角として大きな期待がかかる。

 ブラウンの口ひげと顎ひげがよく似合う“ハンサムガイ”が、自信の表情でうなずく。「真っすぐ、そしてブレーキングボール(カーブ)。その2つが自信のある球種です」。アピールポイントを問われた助っ人右腕は、三振を多く取るタイプなのか?という続く質問にも「イエス!」と即答してみせた。

 188センチの長身から投げ下ろされる平均150キロを超えるストレートに加え、緩急の利いたカーブが武器。17年には3Aですべてリリーフとして43試合に登板し、54回1/3で74個という奪三振率の高さをマークした。いかにもセットアッパー、クローザー向きだ。

 「ドリスという抑えがいることは知っている。セットアッパーでもいい。とにかく言われたところでしっかり抑えられるように」。本人はそう話すが、矢野監督は藤川、ドリスとの守護神争いを期待している。

 今回が初来日となったが、カブス在籍時にはマートン(元阪神)、ジャイアンツではボーグルソン(元阪神、オリックス)から、日本の野球について聞いていたという。阪神で6シーズンにわたり活躍したマートンからは「一瞬一瞬を大事にして、自分ができることに最大限の努力をすれば、必ず認めてもらえる」と日本で成功するための助言を受けた。

 会見後は甲子園のバックスクリーンや外野、内野をスマホで動画撮影。その後、一塁側ベンチからマウンドを眺めた。ジョンソン、藤川、ドリス。すでに『JFD』の鉄壁リリーフ陣の一角として躍動する自身の姿が見えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス