文字サイズ

阪神ドラ1・近本 有終飾れず、社会人に幕 バント安打&二盗で快足アピールも…

4回、近本は二盗に成功するが、捕手からの送球が後頭部を直撃(撮影・佐藤厚)
4回裏大阪ガス1死一塁、近本は二塁盗塁に成功するが捕手からの送球が後頭部を直撃=京セラドーム(撮影・佐藤厚)
4回、近本は二盗に成功するが捕手からの送球が後頭部を直撃(撮影・佐藤厚)
3枚3枚

 「社会人野球・日本選手権・2回戦、ホンダ鈴鹿3-1大阪ガス」(8日、京セラドーム大阪)

 阪神からドラフト1位で指名された大阪ガス・近本光司外野手(23)はバント安打と盗塁をマークしたものの、チームは延長十二回タイブレークの末に敗れて、社会人としての最後の大会が幕を閉じた。

 近本は「5番・中堅」でフル出場。四回の第2打席で、50メートル5秒8の快足を披露した。初球を投前へ転がす絶妙なバント、自慢の足で一塁ベースを駆け抜け、バント安打をもぎ取った。

 さらには、すかさず二盗に成功。二塁ベースに滑り込む際に、捕手からの送球が後頭部を直撃するアクシデントに見舞われたものの、持ち味を存分にアピールした。

 しかし、この後の打席で快音は聞かれず、2点を追う延長十二回1死一、二塁では左飛に倒れて、有終の美を飾ることはできなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス