文字サイズ

マートン、良太連弾で逆転へ流れグイッ

4回、中越えに追撃のソロを放ち充実の表情でダイヤモンドを回る新井良(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「阪神10-8ヤクルト」(31日、甲子園) 

 重い扉をこじ開けた。阪神のマートンと新井良が、ぶちかましたチーム今季3回目の2者連続アーチ。ふた振りで劣勢の流れを変えた。

 1-6で迎えた四回無死一塁。3ボールから4球目の外角高めの球をマートンは見逃すと、四球を確信して歩き出した。だが判定はストライク。バットを放り投げたが、イライラを募らせることはない。「1球1球、気持ちを切り替えるだけ」。5球目も見逃してフルカウント。最後まで冷静さを失わない。

 そして6球目。成瀬の変化球を確実に捉えた。白球は左翼席へと吸い込まれる。15試合、59打席ぶりの5号2ラン。沈んでいた虎党が沸いた。

 新井良が続く。変化球をバックスクリーンに運ぶ61試合、66打席ぶりの2号ソロ。「しっかり自分のスイングをしようと思った。2者連続アーチ?またできるように頑張ります」と笑みを浮かべた。

 4点を奪ったこの回の攻撃が、大逆転劇への原動力になった。和田監督は「ベンチも行けるぞ、という雰囲気になった。みんなが勝つ、という気持ちが一つになった」と目を細めた。

 さらにマートンはトドメも刺した。八回、8-7と勝ち越し、なおも2死満塁で中前に運び、2点を追加した。蒸し暑いグラウンドで集中力を切らすことなく、猛打賞をマークした。「自分としては1-6からチーム全員で諦めずに勝てたこと(が良かった)。今後も厳しい試合はあるけど、チーム全体で諦めずに試合をすることが大事」と胸を張り、先を見据えた。

 審判の判定などにイラつき、集中力を欠いたプレーでチームの輪を乱すようなことはもうない。Vに向かって突き進む虎にとって、マートンの存在は必要不可欠だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス