文字サイズ

北條、甲子園でプロ初ホームラン

 「ウエスタン、阪神3-1ソフトバンク」(15日、甲子園)

 聖地が特別な力を与えるのか‐。阪神・北條が七回、今季1号の左越えソロ本塁打を放った。甲子園での本塁打はプロでは初。2安打2打点の活躍で、堂々と聖地の主役を演じた。

 オセゲラの137キロ直球を捉えると、歓声とともに舞い上がった打球は、左翼席最前列に着弾した。「入るとは思わなかった。でも気持ちよかった」。

 甲子園弾は光星学院3年夏以来だ。12年8月22日、準決勝・東海大甲府戦では2打席連続でバックスクリーンへ放り込んだ。601日ぶりに思い出の球場にアーチをかけた。

 平田2軍監督が「甲子園に来るとすごいね」と驚くのも無理はない。この試合の前まで、打率は・129だった。それが、二回の先制適時打を含む2安打2打点。1年目の昨季も甲子園初戦では、プロ初適時打、初マルチ安打を記録。“申し子”と呼んでもおかしくない活躍ぶりだ。

 球団関係者のはからいで、今季から登場曲がひげダンスのテーマになった。「恥ずかしかった」と振り返ったが、曲と甲子園の相乗効果は絶大だ。

2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04
2022-05-03
2022-05-01
2022-04-30
2022-04-29
2022-04-28
2022-04-27
2022-04-24
2022-04-23

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス