文字サイズ

かど番の琴奨菊、稀勢の里を圧倒 二所連合稽古で7勝3敗

 二所ノ関一門の連合稽古を終えた琴奨菊=4日、東京都江東区の尾車部屋
1枚拡大

 大相撲初場所(8日初日・両国国技館)に向けた二所ノ関一門の連合稽古が4日、東京都江東区の尾車部屋で行われ、7度目のかど番の琴奨菊が大関同士による稽古で稀勢の里を7勝3敗と圧倒した。

 昨年1月の初場所で日本出身力士10年ぶりの優勝を遂げた琴奨菊は、左膝の不調を思わせない出足を見せた。低く鋭い立ち合いから一気のがぶり寄りで稀勢の里に6連勝するなど、充実した内容を披露。「一番一番が本場所と思って大事に取った。相手も強いから気持ちを高めていった」と笑みを浮かべた。

 先場所は5勝10敗と精彩を欠き、32歳の大関にとって厳しい1年となりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    相撲最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(相撲)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス