文字サイズ

香川、史上最速弾!迷わず決めた先制PK 個人トレーナーとの二人三脚実った

コロンビアに勝利し、原口(手前)と抱き合う香川(中央奥)ら日本代表イレブン(撮影・堀内翔)
 サッカーW杯のコロンビア戦で、前半にPKで先制ゴールを決めて喜ぶ香川(共同)
2枚2枚

 「ロシアW杯・H組、コロンビア1-2日本」(19日、サランスク)

 “サランスクの奇跡”が起きた。2010年大会以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指す日本は、前回大会ベスト8のコロンビアとの初戦に2-1で勝利した。前半6分にMF香川真司(29)=ドルトムント=がPKを決めて先制。1-1の後半28分、FW大迫勇也(28)=ブレーメン=が左CKから頭で勝ち越しゴールを決めた。チーム一丸でつかんだ歴史的な勝利。西野JAPANが最高のスタートを切った。

 迷いはなかった。香川はペナルティーエリアの入り口から小刻みにステップを踏み、軽い助走で右足を振り抜いた。ゴール真ん中やや右よりに蹴り出されたボールは、左に倒れたGKオスピナの逆を突いてネットを揺らした。香川にとって待望のW杯初得点。そして、日本に先制点をもたらしたPK。重圧を制した背番号10は、左胸の日の丸に口づけして、コーナーフラッグ付近に滑り込んだ。開始早々の6分のゴールは、W杯での日本人最速記録だった。

 本大会前の土壇場で本田の定位置を奪い、トップ下として先発出場した。大迫のシュートのこぼれ球に鋭く反応し、左足シュートを放ち、PKを誘発した。前半15分にはドリブルで相手をかわし、乾に決定的なパスを送るなど、10番にふさわしい動きが随所に光った。

 4年間の思いをぶつけた。14年ブラジル大会。希望に満ちて臨んだはずだった自身初のW杯は、屈辱的な結末に終わった。1次リーグ2戦目のギリシャ戦では先発落ちも味わった。最も痛感したのはフィジカルの重要性だったという。

 香川の個人トレーナーを務めていた谷川亮太氏(44)によると、当時マンチェスターUに所属し、世界のトップレベルでプレーしていた香川だったが、ピッチに立った時の感覚が全く違っていたと振り返ったという。フィジカル面の準備を怠っていたと感じた香川は、14年夏、マンチェスターUからドルトムントに復帰したことを機に、谷川氏にドイツに渡って自身の体をケアすることを申し出た。

 再び転機となったのは15年アジア杯での敗退だった。自身のPK失敗によって準々決勝で姿を消し、人目をはばからず涙を流した。ドイツに戻った香川は毎朝、心拍数、体重、主観の気分など5項目ほどを谷川氏にチェックしてもらい、ストレッチなどして練習に出掛けるようになった。帰宅後も補充のトレーニングを行い、室内のフィジカルトレーニングなども追加した。「ルーティンが出来上がり、自分からこういうことやってみたいと言うようになった」と、谷川氏は香川の変化を実感した。元来、左右のバランスが良く、動きに左右差がなかった香川の体は「対人で当たり負けしなくなった」と変化を明かした。

 18日には大阪府を中心に震度6弱の地震が襲った。香川も小学時代に神戸市垂水区の実家で阪神・淡路大震災で被災した経験がある。当時、被災地を訪れた三浦知良(現横浜FC)に励まされ、プロを志すようになった。そのカズがスタンドから見守る前で鮮やかにゴールを決めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカーW杯ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカーW杯)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス