文字サイズ

神戸MF日高光揮 イニエスタ共同オーナーのスペイン4部クラブに期限付き移籍

 J1神戸は5日、MF日高光揮(19)がスペイン4部相当のアトレチコ・パソへ期限付き移籍することを発表した。移籍期間は23年6月30日まで。

 相生学院高出身の日高は神戸への練習参加を経て、同校卒業後の4月に神戸に入団。J1での出場はまだないが、タイで開催されたACL1次リーグでは3試合に出場している。

 アトレチコ・パソは、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(38)が昨年立ち上げた会員制オンラインサロン「オールスターズクラブ」を運営し、イニエスタ自身も共同オーナーを務めるアナザーディスカバリー社(本社・神戸市)が昨夏に買収を発表。将来的にスペイン1部昇格の夢を描く。

 日高はクラブを通じて「この度、アトレティコ・パソに期限付き移籍する事に決めました。加入間もないタイミングでチームを離れることになりますが、約1年間という期間、スペインでしっかりと結果を残し、人としてもサッカー選手としても大きくなれるように頑張ってきます。このような機会を与えてくれたヴィッセル神戸には感謝しかありません。帰ってきた際には、ファン、サポーターのみなさんに大きく成長した姿を見せられるように、そしてヴィッセル神戸のエンブレムを背負い、勝利に貢献できるように精一杯努力してきます。引き続き、応援よろしくお願いします」とコメントした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス