文字サイズ

メッシ&ネイマール&エムバペ3人とも決めた パリSG日本ツアー3連勝締め

 後半、ゴールを決め、ポーズを決めるパリSG・ネイマール(撮影・高部洋祐)
 前半、ゴールを狙うパリSG・メッシ(右)
2枚

 「親善試合、パリ・サンジェルマン6-2G大阪」(25日、パナソニックスタジアム吹田)

 サッカーのフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)、ブラジル代表FWネイマール(30)、フランス代表FWキリアン・エムバペ(23)が3人ともゴールを決めて、J1G大阪に6-2で圧勝。スター軍団の力を見せつけ、日本ツアーを3連勝で終えた。3万8251人の観衆を集め、パナソニックスタジアム吹田の最多入場者数を更新した。

 ラストは大量6ゴールで日本ツアー3連戦を締めた。PSGは先発復帰したメッシが1得点、ネイマールは2ゴール。後半途中出場のエムバペもPKをしっかり決めた。“MNM”3人そろってのゴールで超満員のスタジアムの期待に応えた。

 前半39分にはネイマールからメッシ、後半15分には逆にメッシからネイマールとホットラインでの得点。ガルティエ監督は2失点に苦言を呈しながらも「両チームとも常に攻撃した結果、観客は8つのゴールを目にする楽しい試合になった」と納得。6日間で3試合の強行日程も問題にせず、破壊力を見せつけた。

 観衆3万8251人は19年8月18日のJ1・G大阪-磐田の3万7334人を超えてパナスタの最多入場者数を更新。超満員のスタジアムがスター軍団のゴールラッシュに酔いしれた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス