文字サイズ

J1大分のトップチーム選手1人がコロナ陽性 他の選手らの検査結果は4日に判明

 サッカーJ1の大分は3日、トップチーム選手1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。

 当該選手Aは、2日夕方に発熱等の症状を訴えたため、翌3日に自主的に受検したPCR検査で陽性判定を受けた。クラブは同日、トップチーム全選手とスタッフを対象にPCR検査を実施。検査結果は4日に判明する見通しだ。

 大分は5日にホームの昭和電工ドームでYBCルヴァン杯・徳島戦を控える。試合当日のキックオフ3時間半前にオンサイト(現地)検査を実施し、これまで定めていたエントリー可能な要件に加えて、オンサイト検査で陰性判定を得た選手・スタッフのみが当日の試合にエントリー可能になるとした。

 今後の対応やトップチームの活動、選手の状況については、PCR検査の結果を踏まえ、関係各所と連携して順次、発表するとしている。

 当該選手Aの経過、症状については以下の通り。

 ▽4月30日 チーム活動参加(体温36・4度)。Jリーグ公式PCR検査で陰性判定

 ▽5月1日 チーム活動参加(体温36・4度)

 ▽5月2日 チーム活動参加(体温36・9度)。夕方、体温が37・0度になり寒気を訴える。抗原定性検査で陰性判定

 ▽5月3日 PCR検査で陽性判定

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス