文字サイズ

J1神戸 MOM選出のイニエスタ「行けるところまで行きたい」アジア制覇へ意欲

 マン・オブ・ザ・マッチに選出されたMFイニエスタ(C)VISSEL KOBE
 マン・オブ・ザ・マッチに選出されたMFイニエスタ(C)VISSEL KOBE
2枚

 「アジアCL・1次リーグ、広州恒大1-3神戸」(25日、ドーハ)

 G組の神戸は広州恒大(中国)とハリファ国際スタジアムで対戦し、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)のACL初ゴールなどで昨季中国王者を下した。2連勝で勝ち点6とした神戸は2試合を残して同組2位以内が確定し、初出場で決勝トーナメント進出を果たした。

 イニエスタの魔法が神戸を16強に導いた。前半44分、左サイド寄りでボールを受けると、ドリブルで1人をかわしながらペナルティーエリア内を突き進み、ゴールライン付近から右足アウトサイドでFW古橋亨梧(25)に折り返した。意表を突く神業アシストでフリーとなった古橋は、右足で先制ゴールを流し込んだ。

 2-1で迎えた後半39分にはペナルティーエリア内でFWドウグラス(32)のパスを受けて右足シュート。こぼれ球に素早く反応し、DF陣の間隙を突くように右足でゴールネットを揺らした。記念すべきACL初得点に「ゴールという形で貢献できたので満足している」と振り返った。

 アジア・サッカー連盟(AFC)公式ツイッターで行われた、サポーターによるマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)の投票では、81・9%という圧倒的な支持を集めてMOMに輝いた。

 チームはリーグ戦5連敗を喫し、10月28日の仙台戦を最後に1カ月近く勝利から遠ざかったままカタール入りしていたが、イニエスタは「今回は新しい、違う大会に臨んでいる」と断言。「モチベーションを持っていいプレーを示すことができた。これを続けて行けるところまで行きたい」とアジア制覇への強い意欲を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス