文字サイズ

リバプール南野が2得点1アシスト!格下相手のリーグ杯で活躍 クロップ監督も高評価

 「イングランドリーグ杯・3回戦、リンカーン2-7リバプール」(24日、リンカーン)

 リバプールのFW南野拓実(25)はアウェーで行われた3部のリンカーン戦で2ゴール、1アシストと活躍して7-2の勝利に貢献した。8月29日に行われたコミュニティー・シールドのアーセナル戦で初ゴールを決めており、これで今季公式戦で3得点とした。リーグカップ4回戦はアーセナルと対戦する。

 3トップの中央で先発し、1-0の前半18分にペナルティーアーク付近から右足でゴール右隅に鮮やかに突き刺した。さらに南野が持ち味を存分に発揮したのが、後半開始直後の追加点だった。

 キックオフから相手に猛然とプレスをかけ、周囲と連動してボールを奪取。ショートカウンターに転じ、味方のシュートをGKがはじくと浮き球にジャンプしながら右足で蹴り込んだ。その間わずか20秒足らず。クロップ監督は「彼がプレスのリズムをつくった」と、前線で守備のスイッチ役としての働きを高く評価した。

 南野と同じく技術と運動量を兼ね備え、プレミアリーグでの実績もあるポルトガル代表FWジョタの加入でポジション争いは一段と激化している。格下相手に主力を温存した一戦でインパクトを残し、指揮官は「多くの局面に絡み、非常に素晴らしかった」と称賛。チーム内での立場を確立するためにも大事だった90分で、存在感を十分にアピールした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス