文字サイズ

JFAが対応発表 指導に基づきJFAハウスの閉館も

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が新型コロナウイルスに感染していることが17日に発表された。これを受け、JFAはJFAハウス館内の消毒作業などを行う方針を発表した。

 17日に「日本サッカー協会における新型コロナウイルス感染者の発生と今後の対応」というリリースを発表。この時点では、「JFA役職員等で新型コロナウイルス感染症や風邪の症状を呈している者はいません」としたが、保健所、関係当局の指導に従ってJFAハウス館内の消毒作業などを行うとした。

 対策は以下の通り。

1.理事会出席者の行動履歴と健康状態の経過観察

2.JFA全役職員、契約職員/派遣職員、コーチングスタッフ等の健康状態の経過観察

3.JFAハウスに事務所を置く各連盟、企業、団体の役職員の健康状態の経過観察

4.保健所、関係当局の指導に基づき、JFAハウスの閉館、もしくはJFA事務局の閉鎖、もしくはそれに準じる措置

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス