文字サイズ

天皇杯の大会方針変更が決定 新型コロナ影響、Jリーグに協力へ

 日本サッカー協会は14日、都内で理事会を開き、2020年度の天皇杯大会方式を変更して行うことを決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内リーグ戦が中断し、日程調整が困難となっているJリーグ側に協力する。今季J1を戦う18チームは32強がそろう4回戦から、昨季のJ2上位チームは3回戦から出場する。

 変更前の大会方式では、J1・J2クラブは64チームがそろう2回戦から出場。日本協会の須原専務理事は出場する総チーム数に変化がないことで大会価値が担保されると説明。

 三選が決まっている田嶋会長以下、新役員の顔ぶれも内定。技術委員長としての選出予定者で反町康治氏も理事となる。専門家委員会では現役選手の声を機関決定に反映する目的のアスリート委員会を新設。委員長に現ナショナルトレセンコーチの川口能活氏とすることになった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス