文字サイズ

ローランド「セレッソか、それ以外か」公認セレ男就任にサポーター沸く

 「明治安田生命J1、C大阪1-0大分」(22日、ヤンマースタジアム長居)

 「現代ホスト界の帝王」と称されるローランドがJ1C大阪の「公認セレ男」に就任し、ハーフタイムに就任式が行われた。

 J1柏の育成組織出身で、帝京高サッカー部に所属した経歴を持つローランドは背番号「No.1」のC大阪のユニホームにスパイクを履いてフィールドに登場。C大阪の森島寛晃社長から就任証書を渡されると「世の中には2種類のクラブしかありません。セレッソか、それ以外か」と“生涯セレッソ”を宣言し、ホームスタジアムを埋めたサポーターの喝采を浴びた。

 式典を終えたローランドは「夢見ていたピッチ。久しぶりにサングラスなしで登場しました。あこがれのピッチを自分の目に焼きつけたくて」と感慨深げに話した。ピンク色のユニホームも「かっこいいですよね。前のも好きだったんですが、ブラッシュアップされて。普段から着たいですね」とお気に入りの様子。

 C大阪とは昨年10月の鹿島戦でコイントスを行うなど親交を深め、今回の「公認セレ男」就任に至った。「純粋にうれしい。閉鎖的な外部からは批判の声があるのはしょうがないけれど、リスクを負ってチャレンジするのはサッカーでもそうですが、大事なこと。自分を選んでくれてうれしい」と意気込む。今後については「ファンとして応援するのはもちろんだけど、発信力を期待されていると思う。サッカーになじみのない方にもC大阪って面白いことしているなと思われるような活動をしたい」と展望を語った。

 「公認セレ男」に就任したことで他クラブを応援しづらくなるが、「恋愛でもそうですが、僕は熱しにくく、冷めにくい。一度熱したらなかなか冷めない。恋は盲目っていうじゃないですか」と一途を強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス