文字サイズ

リバプール公式SNSで南野合流ムービーを公開 ロッカーはマネとケイタの間

 サッカーイングランド・プレミアリーグのリバプールは昨年12月31日(日本時間1日)、公式SNSでオーストリア1部ザルツブルクから加入した日本代表MF南野拓実(24)がチームに合流する動画を公開した。

 クラブのツイッター日本語版公式アカウントでは「あけましておめでとうございます 日本が新年を迎えた頃、南野拓実選手がアンフィールドでの新しい生活をスタートさせました」と記し、1分のムービーが添えられた。

 クラブハウスを訪れた南野は、いきなり10番を背負うセネガル代表FWのサディオ・マネと握手とハグを交わして、共闘を誓い合う。その後もスイス代表FWジェルダン・シャキリらとの対面シーンが続き、世界的選手が「ミナミーノ」と呼びかけるシーンが続いた。

 「ここだよ」と指定されたロッカーは南野の18番は、8番のギニア代表MFナビ・ケイタと10番のマネの間。ケイタ、マネともザルツブルクでプレーしたことがあり、ザルツブルクを知る3人が並ぶことになる。

 ユルゲン・クロップ監督ともがっちり握手を交わし、通訳を介すことなくドイツ語で話し込むシーンも公開された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス