文字サイズ

スペイン国王杯、ケチ付いた再スタート TV放送なしの可能性の報道

 来年年明けすぐにサウジアラビアで開催予定のスペイン国王杯がテレビ放送されない危険性が浮上してきた。スペイン協会の肝いりで再スタートするもののいきなりケチが付く格好となっている。

 スペインのスポーツ紙、アスなどが伝えている。情報によると同国国営放送局、テレビシオン・エスパニョーラ(TVE)に続き主要民放の2局が放映権獲得の意志がないことを表明した。主な理由は開催予定地のサウジアラビアに人権侵害の問題を抱えているため。まだ数局での放送の目は残っているが、見通しは暗いものだという。

 スペイン国王杯はこれまでリーグ戦とカップ戦勝者によるシーズン前の一発勝負だったやり方から、年明けから4チームによる準決勝、決勝の方式へ変更される。今回はバレンシア、レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリードが戦う事になる。なお会場もモロッコ開催だった前回大会に続き2回連続でスペイン国外となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス