文字サイズ

川淵三郎氏「強い怒りを覚えた」選手に暴行の高校サッカー部監督に激怒

 Jリーグ初代チェアマンで、元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏が10日、ツイッターを更新。鹿児島県の出水中央高校サッカー部の監督が選手に暴力を振るったとされる報道に言及し、「ショックを通り越して強い怒りを覚えた」とつづった。

 ネット上で暴力を振るう様子の動画が拡散したことで、事態が発覚。この日、ニュースで報じられ、川淵氏は「鹿児島県の高校サッカー部の指導者が選手に足蹴り平手打ちをしている映像を見た」と書き出し、怒りを爆発させた。

 動画では選手を右足で蹴り、左手で顔面を平手打ち。選手がその場で倒れる姿が映し出されている。川淵氏は「こんな指導者を長い間放置してきたサッカー界は深く反省しなければならない。皆さんに不快な思いをさせて誠に申し訳ありません。という言葉だけでは済まない気持ちです」と、記した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス