文字サイズ

吉田麻也 セットプレーの重要性説く「武器として持てないと苦しくなる」

 「W杯アジア2次予選、日本-モンゴル」(10日、埼玉スタジアム)

 サッカー日本代表は9日、W杯カタール大会のアジア2次予選・モンゴル戦に向けて冒頭15分間をのぞく非公開練習で最終調整を行った。国内でのW杯予選としては初戦となる。

 主将がセットプレーの重要性を説いた。センターバックとして先発出場が確実なDF吉田は「セットプレーを武器として持てないと最終予選やホーム戦で苦しくなる」と引き締まった表情で語った。

 10日に対戦するモンゴルだけではなく、アジア予選では相手が自陣ゴール前を固める展開が何度も想定される。吉田は「打開するのはかなり難しくなる」と認めた上で「そういう時にセットプレーで点が取れれば」と打開策の一つに挙げた。

 自身も11年9月に行われたブラジルW杯3次予選の北朝鮮戦(埼玉)で後半49分にショートCKから決勝ヘッドを叩き込んでいる。幾度となく日本の苦境を切り開いて来たセットプレーの意義は身をもって知っている。

 「2次予選ではセットプレーから複数点取りたい」と掲げた。日本の新たな得点源とするために、ホーム初戦を試金石とする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス