文字サイズ

久保建英がサッカーW杯予選最年少出場記録を39年ぶりに更新 18歳98日

 「W杯アジア2次予選、日本-ミャンマー」(10日、ヤンゴン)

 日本のMF久保建英が後半に途中出場し、W杯の最年少出場記録を18歳98日に更新した。

 これまでのW杯予選に限った最年少出場記録は風間八宏(現名古屋監督、当時は筑波大)の19歳67日。1980年12月22日、W杯スペイン大会のアジア予選シンガポール戦に出場した。

 左MFの中島と交代したが、久保は右MFに入った。この時点で右MFに入っていた伊東は左MFにポジションを変えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス