文字サイズ

J1湘南スタイル貫いた パワハラ問題発覚後の初試合で惜敗

 「明治安田生命J1、湘南2-3鳥栖」(17日、Shonan BMWスタジアム平塚)

 チョウ貴裁監督のパワハラ問題で揺れる湘南は2-3で鳥栖に敗戦。首位のFC東京は0-1で広島に敗れた。

 敗れはしたが“スタイル”は貫いた。チョウ監督のパワハラ疑惑が表面化してから最初の公式戦。主将のDF大野が「正直いろんなことがあったが、やることは変わらない。僕らには積み重ねてきた湘南のサッカーがある。それを信じてやるだけだった」と語ったように、一時は0-2とされるも全員がハードワークし、粘って2得点。だが終了間際の失点に泣き、指揮を執った高橋コーチは「(初采配で)経験のなさという責任も感じている」と悔やんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス