文字サイズ

日本代表戦 地上波で見られない!?南米選手権「DAZN」で配信

 サッカー日本代表が招待参加する南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)の中継が、スポーツ配信大手の「DAZN」で行われることが25日、分かった。欧州では既にUEFAネーションズリーグなどの代表戦を配信しているが、日本代表戦の配信を行うのは初めてとなる。

 森保ジャパンが参加する南米選手権の放映権について、協会側はNHKや民放各社と交渉を進めてきたが、関係者によると同時期にU-20W杯(ポーランド)、なでしこジャパンが出場する女子W杯(フランス)があり、難航。日本代表の1次リーグ3試合すべてが日本時間午前8時開始(現地午後8時)ということもあって、DAZNが配信することになったという。

 DAZNは英・パフォームグループが16年に立ち上げたスポーツ専門の有料動画配信サイト。16年7月には、Jリーグと17年シーズンから10年総額2100億円強という放映権契約を締結した。今年3月にはプロ野球・巨人と提携するなど話題となった。

 テレビだけではなく、スマートフォンやタブレットでも視聴が可能なDAZN。地球の裏側で戦う森保ジャパンの姿を追う姿も多様化していきそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス