文字サイズ

川口の引退セレモニーに盟友・楢崎がサプライズ登場 最後の勇姿に感嘆の声

 「明治安田生命J3、相模原1-0鹿児島」(2日、相模原ギオンスタジアム)

 日本代表で活躍したJ3相模原GK川口能活(43)が涙で25年間の現役生活を終えた。J3最終節の鹿児島戦(相模原ギオンスタジアム)に先発出場。ホーム新記録となる1万2612人が見守る中、往年の闘志あふれるプレーでビッグセーブを披露するなど、1-0の完封勝利で有終の美を飾った。

 川口の引退セレモニーに、GK楢崎が花束を手にサプライズ登場。驚きの表情の主役とハグをかわした。同世代に日本代表としてプレーした、仲間でありライバル。最後の雄姿に「こういう節目や大事な試合、大きな大会で、なぜかしら自分の持っているもの、それ以上のものを出す集中力、準備はスゴいなと思う。マネしたくてもできない。あこがれますね」と感嘆の声。「これから日本のサッカー界のために頑張ってください」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス