文字サイズ

主審は3カ月の審判活動停止処分 天皇杯の名古屋-奈良クで

 日本サッカー協会の審判委員会は12日、天皇杯全日本選手権2回戦の名古屋-奈良クラブで勝敗に直結する競技規則適用ミスが起きた問題で、担当した主審に3カ月、両副審に2カ月の審判活動停止処分を科すことを決めた。日本協会、各地域協会、都道府県協会主催の全公式競技会が対象。第4の審判は派遣元の東海協会が処分を決める。

 ミスが起きたのはPK戦で、奈良クラブの4人目の選手が蹴る直前に不正なフェイントを入れたと主審が判定。競技規則ではキックの失敗とすべきだったが蹴り直しを命じ、成功した。規則を正しく適用すれば敗れた名古屋がPK戦を制し、3回戦に進出していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス