文字サイズ

西野技術委員長がハリル監督続投を明言「現状はもうこの体制でと思っている」

 試合後に記者会見するハリルホジッチ監督(共同)
1枚拡大

 「国際親善試合、日本1-2ウクライナ」(27日、リエージュ)

 ベルギー遠征中のサッカー日本代表は27日、リエージュでウクライナ代表との親善試合に臨み1-2で敗れた。前半21分にオウンゴールで先制被弾。同41分にはDF槙野智章(浦和)のゴールで1点を返すも、後半24分に突き放された。

 西野技術委員長が、ハリルホジッチ監督の続投を明言した。W杯イヤーの幕開けとなった今回のベルギー遠征では、低調さが際立つ1分け1敗。ウクライナ戦後に取材に応じた同委員長は、ロシアW杯本大会まで現体制を維持するのかと質問されると「現状はもうこの体制でと思っている。完全にまったく成立していないとは思っていない。レベルの高い相手との対戦。本大会でどうか。やれないことを研究していかないといけない」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス