文字サイズ

大迫勇也を称える「半端ない」ツイッターで相次ぐ

 イラク戦の先発イレブン。(前列左から)酒井宏、久保、長友、遠藤、井手口(後列左から)本田、昌子、吉田、原口、大迫、川島(提供・共同通信社)
1枚拡大

 「W杯アジア最終予選、イラク-日本」(13日、テヘラン)

 前半8分に日本のFW大迫勇也(ケルン)が先制ゴールを奪い、ネット上では、大迫を称賛する「半端ない」の声が多く見られている。

 「半端ない」は、大迫が鹿児島城西高校時代に出場した08年末から09年1月にかけての冬の全国高校選手権で生まれた。対戦した滝川二高の中西隆裕が密着カメラの前で「大迫、半端ないって!あいつ、半端ないって!後ろ向きのボール、めっちゃトラップするもん」と感極まりながら絶賛したことから、大迫が素晴らしいプレーをした際に形容する言葉として、サッカーファンやメディアを中心に定着した。

 ツイッター上では「半端ないゴールだ」、「さすが半端ないだけのことはある」といった称賛の声が相次ぎ、「大迫半端」のトレンド入りが報告されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス