文字サイズ

俊輔、磐田移籍の決断理由明かす「サッカーと向き合える場所ではなかった」

 サッカーの元日本代表MF中村俊輔(38)がJ1横浜MからJ1磐田に移籍することが決まったと8日、両クラブが発表した。磐田での背番号はこれまでと同じ10。中村は横浜市内で「完全燃焼し、悔いがない終わり方をしたかった。サッカーと向き合える場所を考えたとき、ここではなかった」と移籍を決断した理由を説明した。

 横浜Mからは慰留されたが、資本提携する英シティー・フットボール・グループの影響が強くなったクラブの強化方針に対する不信感はぬぐえなかった。「主将として違うと思うことは言ってきた。変えられないことがあるのも理解している。違う道を歩まないと自分がいいゴールをできない」と語った。国内では横浜M一筋で強い愛着があり、「マリノスから離れると考えたことはなかった。憧れた10番のユニホームを脱ぎたくない」との苦悩も明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス