文字サイズ

興毅、カンペ見ながら英語でスピーチ

 「WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(16日、米シカゴ)

 日本初の4階級制覇を目指す挑戦者・亀田興毅(28)と王者・河野公平(34)が14日(日本時間15日)、シカゴ市内のホテルでそろって記者会見を行い、亀田が勉強中の英会話を披露し、周囲を驚かせた。自身の英語力には“ダメ出し”したが、王座奪取には「勝つのは当たり前」と自信を示した。

 スピーチを求められ、マイクの前に進み出た亀田の第一声は「Hello Everyone(こんにちは、みなさん)」だった。

 “カンペ”を見ながらのあいさつではあったが、「Thank you for coming today(きょうは来てくれてありがとうございます)」と関係者や日米メディアにも英語で感謝。「Sorry, I can’t speak English well(うまく英語を話せなくてすみません)」と断りを入れてから日本語を話し始めると、米国人から温かな笑いが起こった。

 現在、英語を勉強中だという亀田は「やっぱりアメリカやからね、英語大事やし。英語でちゃんとしゃべりたい。自分でダイレクトに伝えたいという気持ちでしゃべった」と意図を説明。「けど、やっぱり難しい。まだ紙を読まなあかんぐらいやから、まだまだ情けない」と、自ら“ダメ出し”をした。

 しかし、“マイルド亀田”はここまで。ひとたび日本語になると戦闘モードに。「4階級制覇はこれから(世界で)名前を売るにあたっての切符、チケットみたいなもの。勝つのは当たり前。あとはどういう勝ち方をするか。最高のインパクトを残して『亀田興毅』というボクサーの名を刻んで帰りたい」と、強気の言葉を並べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス