文字サイズ

高山勝成の4年ぶりプロ戦、相手の新型コロナ陽性で当日に中止「致し方ない」

リングに上りあいさつする高山勝成(撮影・神子素慎一)
リングに上がりあいさつする高山勝成(撮影・神子素慎一)
試合の合間にリングを消毒する関係者(撮影・神子素慎一)
3枚

 プロボクシングの元世界ミニマム級4団体制覇王者で、アマチュアで東京五輪を目指した高山勝成(37)=寝屋川石田=の4年ぶりのプロ復帰戦が試合当日の23日に中止になった。三田市総合文化センター・郷の音ホールでライトフライ級6回戦が行われる予定だったが、対戦相手で2度の世界挑戦経験があるWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになったため。高山は陰性だった。なお、興行は行われる。

 日本ボクシングコミッション(JBC)によると、小西は1週間前のPCR検査で陰性だったが、22日の前日計量後の検査で陽性となった。同日から隔離されており、現在は保健所の指示を待っているという。

 高山は陣営を通じて以下のコメントを出した。

 「練習を積み重ねてきた中で、当日の試合中止は残念ですが、致し方ないと思っております。小西選手や新型コロナウィルスに感染された方々の回復をお祈りしております。次の試合に向けて気持ちを切り替えていきます」

 JBCの安河内事務局長は、「小西選手は、1週間前にも一度PCR検査を受けており(陰性)、選手個人もジム側も相当程度感染予防対策を講じていたことを確認している」と説明。その上で、コロナ禍で行われている興行について「すでに何が起きてもおかしくない状況にあると考えざるを得ない。検査態勢のみならず、興行そのもののあり方も含め26日のコロナ対策小委員会で協議する予定である」と対策を強化する意向を示した。

 ボクシング界では今月3日に大阪で予定されていた、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(26)=ワタナベ=の防衛戦前日に、本人とトレーナーの陽性が確認されたため中止になっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス